そういえば選挙やるらしいやん~衆議院は本日解散

解散しました。

衆院は21日午後の本会議で解散し、12月2日公示の14日投開票を臨時閣議で決定する。

消費税増税を延期するために、国民に信を問うと解散理由を説明し一般的にも知られていると思います。

しかし野党側は大義がないなどと批判しているように、少し解散総選挙をする意味が分からないですよね?

私も初めはわからなかったです。

 

どおして?

なぜなら今回の選挙で、増税しますと言ってくるような党があるでしょうか?

おそらくどの党も増税延期、無期限延期、減税などを掲げてくるでしょう。

その場合消費税増税を延期するため国民に信を問うというのはおかしいなと思いますよね?

ここは自民党の説明が言葉足らずなためわかりにくかったところだと思います。

自民党は前回増税しますと公約で掲げましたが、延期すると公約違反になってしまいます。それでも支持してくれますか?を確認するための選挙

といえば誰にでもわかりやすく、損失議席も最小限で済むのではないだろうか。

 

ここからは長いので暇な時にお読みください。

 

 

では野党が言ってくるであろうアベノミクス失敗論。

これは半分くらいは正解だと思う。

 

三本ある矢のうち、一つ目「大胆な金融政策」はどの党になろうとやらなければいけない事であって、これにより円安で苦しんでいるというのは間違え。

そもそも円高のときもそうだが、為替によって収益が変わるような企業は少し勉強が足りない。

 

次に財政政策。

何をもって成功というのかによって変わると思うが、教科書通りの解説だと建設業に資金が回り失業率が改善したのだから
うまくいっている方と言えるのではないだろうか。

しかし日本はプライマリーバランスがマイナス、しかも二倍なので経済を良くして税収を上げないといけないということも忘れてはいけません。

そして問題の三本目
成長戦略
これははっきり言って、やり直しレベル。

長くなるのでスピーチのリンクを張っておきますが、現実的ではないことや問題はそこじゃないというところです。

全員参加の成長戦略とか世界に勝てる若者とか女性が輝く日本とか、意識あれば勝手にやるでしょ。
構造の問題を把握してないから、なんとなくの成長戦略を掲げて、外国人から失望売りをあびることになるんだと。
みなさんにも覚えておいていただきたいのは、金融政策だけでは景気は上がらないけど、景気を改善するためにはやらなくてはいけないことと
いうのは知ってほしいと思います。

ただ金融政策というのは成長戦略など政治による経済対策を実行するまでの時間稼ぎにしかすぎないこと、
なのでまだ3本目の矢が実施されていないのに、アベノミクス失敗と言っている政治家は政治がわかってないと思った方がいいでしょう。

 

どこの党がいいの?

さて、では今回の選挙何がポイントでどうしたらいいの?って言う方、日本には多いと思います。
だから民主党に騙されて自民党に入れて、実質賃金が下がったら何がアベノミクスだと文句を言う。

選挙のポイントというより、自分が何を大事にするかで変わります。
独断と偏見でどの場合はどこに入れるのがいいのか分けていきたいと思います。

・①家が代々土地持ち、資産家、現在も株や外貨などの金融資産の割合が高い。農家。田舎住まい。
→自民党です。

・②日本円の預貯金の割合が高い。土地無い。いわいるただのサラリーマン
→自民党以外です。

・③将来の世代のことが大事
→おそらく自民党

・④今の生活が大事
→PB改善について何も掲げてないところ

 

実際に細かい公約などを見ないとはっきり言えませんが、今までの流れは変わらないと思います。

 

ちょっと簡単すぎたので解説を

①アベノミクスでわかったと思いますが、自民党になるとキャッシュ以外の資産の価値があがります。おそらく金融財政政策が効いているのかと

②今から株を始めてもリスクに対するリターンの割合が合わない可能性が。格差拡大のポイントはここにあります。なぜなら元々持っている人は利食いするだけですが
これから持つ人は損するかもしれませんからね。この損の部分で余計に拡大すると言われています。それにアベノミクスで実質賃金が下がっているのだから、生活が前より苦しくなっている人が多いはずです。株を利食いして生活に回せないのだから、アベノミクス終わらせた方がこの方たちのためだと思います。

③人口が減っている中でプライマリーバランスを改善させないと、将来的にかなりの負担となると思います。改善させるには今を我慢して将来にツケを残さないようにしなければいけません。

④現在の暮らしがそんなに楽ではない場合、PBを改善させようとすると重くのしかかります。数年~数十年のためよりも今という場合はPB改善しなきゃと言っている政党に入れると大変かと思います。

 

やっぱり選挙に行きましょう

今回の選挙はなんとなくですが、公明党と共産党が強そうな気もするんですよね;強いといってももちろん第一党を取るほどではなく議席数改善程度ですが。
年末の忙しいときですが、投票率改善してほしいですね。
みなさん、政治に期待できないから投票しないと考える人もいるそうですが、投票しないから期待できない政治が暴走するということも忘れないでほしいです。

関連お勧め記事

日経225の下落はいつ?What’s the trigger of N225 falli... 先週末、日経平均はリーマン・ショック後の高値を更新し16,321円、ドル円は109.45をつけた。新聞やくだらない解説者はスコットランドがどうとか、アベノミクスがとかいまだに言っているものさえあるが実際は全体的なドル買いのせいだろう。 ドル円相場はすべては8/22のジャクソンホールですべての決...
アベクロ緩和やめるってよ | ヘッジファンドからみた2014年投資戦略...   2014年が始まって1ヶ月が経ちますが今年の投資戦略は出来ましたでしょうか。 (1月の流れは一年の流れになりやすいのが日本の株式市場です。)   株主優待、そしてNISA 昨年から株主優待に関する投資が再び人気を集めているようです。また少額投資非課税制度...
投資信託全ファンドリターンランキング(直近1か月)... 順位 ファンド名 会社名 カテゴリー リターン(1ヶ月) 1 ...
【規定路線】やっぱりアベノミクスの消費税10%は規定路線?MMTの見解をまとめてみました...   こんにちは。本日の15時から円買いという記事を書いてしまったため、どきどきしている筆者です。特に機関投資家からの買いによる上昇に怯えています。   というのも先週末に日本の2014年度予算について、安倍首相の記者会見があったかと思いますが、その中で2014年...

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA