勝ってうれしいIPO負けてくやしいIPO

あの子(株)が欲しいあの子(株)じゃわからん 相談しよう そうしよう

 

ということで10月は大型IPOもあり、また本日の日経でも「はじめてのIPO投資」とあり注目度がまた上がってきているのではないでしょうか。

今月は特にリクルートとすかいらーくの大型案件(儲かるとは言っていない《棒》)もあるため、初めてIPO投資される方も多いと思います。

 

今月注目すべき案件はGMOリサーチとオプティムの二つ。

IPO投資で大事なのは公開価格からどのくらい上昇して初値を付けるかであって、その企業が広く知られている必要はありません。

 

例えばリクルートなんかは皆さんもよくご存じだと思いますが、稼いでそうな企業ですよね。

しかしこれから成長が続くかというと難しいかもしれません。(あの企業は成長すると思いますが)

また成長するしないに関わらず、株の需給面も考えなければいけません。

 

例えばあなたがリクルート株のBB申し込みをし当選したとします。

仮条件で安くなることはほぼないので、3100円で権利をもらったとします。

そうすると手数料を加味しなかった場合、初値が3100円以上じゃないとあなたは損をしてしまいます。

ところがリクルート社員は今回のIPOに関して取得単価が900円で、ストックオプションにいたっては1円です。

しかも社員に関してはロックアップなしという噂も聞いています。

今回の公開価格は引き上げられているため、ここからIPO的な上昇は難しいか;

2015年3月度の連結予想EPSは121.18円。
想定価格2800円から計算される予想PERは約23.0倍。

とりあえずリクルートのIPOは前回の記事の時点で終わっています。

 

 

そしてマーケットは確率の問題なのでリクルートよりも上昇しそうなGMOリサーチとオプティムの方が確率は高いと考えています。

時期的にも大型案件をこなしキャッシュ化も出来ている口座が多いと思うので。

 

オプティムは市場に出回る株数も少なくプラチナチケットとも言われて非常に楽しみですが、主幹事が大和証券なとこだけが心配です。

前回は”誠意”が遅かったですからね。

 

 

 

 

関連お勧め記事

【シナリオ考察】もしリクルートが上場したら?...   さて日本列島はおそらく梅雨が明け、土日は日差しの強い天気となりましたが日本のマーケットは相変わらずheavily overcast上値状態です。今回はタイトルにあるとおりリクルート上場までのトレードアイディアを書いていきたいと思います。   リクルートHDの上場...

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA