【東京市場】8月13日寄り前マーケット動向

8月13日 寄り前のマーケット情報をまとめました。

 

13日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、5社ベースで、売り490万株、買い640万株で、差し引き150万株の買い越し。

買い越しは2営業日ぶり。金額(5社ベース)も買い越し。

売りセクターに、商社、その他金融、機械、サービス、小売、情報通信、電機、通信など。

買いセクターに、薬品、小売、商社、電機、農林、水産、非鉄、情報通信など

 

12日PTS市場動向

<主な上位銘柄>

値上がり率
マルマエ 6264
アストマックス 7162
ラオックス 8202
ソーエコプロ 6819
比較com 2477

値下がり率
インスパイア 2724
タツモ 6266
アイフラッグ 2759
ジオネクスト 3777
翻訳センター 2483

売買代金
ミクシィ 2121
マイクロニ 6871
KLab 3656
コロプラ 3668
富士フイルム 4901

 

本日のGDPは悪い数値がコンセンサスなので、かなり悪くてもノーサプライズではないだろうか。悪かった場合でも景気刺激策、追加緩和の期待による買いなど様々な理由により買われそう。しかし反応はかなりしにくいだろう。よって材料として見るかどうかも怪しい。他には中国の指標が14:30にあるので午後の取引は注意したい。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA