【スクリーニング】本日年初来高値更新銘柄貸借倍率1倍以下 – 7月28日

 

一般的に

信用買い残(貸借倍率が大きくなる)が増えると、将来の売りの要因になる。
⇒ 株価の下落要因となる可能性 があります。

信用売り残(貸借倍率が小さくなる)が増えると、将来の買いの要因になる。
⇒ 株価の上昇要因となる可能性 があります。

貸借倍率が1倍以下、または1倍に近い場合は「好取組銘柄」と呼ばれ注目を浴びることがある。

赤字は最低取引額が15万円以下の株、青字は再編期待が出ている地銀です。

 

本日年初来高値更新銘柄貸借倍率1倍以下

証券コード 銘柄名 新高値 終値 貸借倍率 市場 最低取引額
2212 山パン 1,366 1,363 0.04 東証1部 1363000
8182 いなげや 1,053 1,052 0.06 東証1部 105200
8333 常陽銀 555 552 0.06 東証1部 552000
6005 三浦工 3,800 3,795 0.11 東証1部 379500
9042 阪急阪神 605 603 0.11 東証1部 603000
8396 十八銀 284 280 0.12 東証1部 280000
2590 DyDo 4,860 4,860 0.14 東証1部 486000
4732 USS 1,847 1,835 0.16 東証1部 183500
9602 東宝 2,529 2,514 0.18 東証1部 251400
2207 名糖産 1,199 1,199 0.19 東証1部 119900
4911 資生堂 2,046.00 2,036.50 0.19 東証1部 203650
4523 エーザイ 4,346.00 4,329.50 0.21 東証1部 432950
9044 南海電 481 481 0.21 東証1部 481000
7966 リンテック 2,118 2,114 0.22 東証1部 211400
7601 ポプラ 575 575 0.23 東証1部 57500
8207 テンアライド 339 334 0.26 東証1部 33400
3258 常和HD 3,995 3,930 0.27 東証1部 393000
8354 ふくおかFG 524 520 0.27 東証1部 520000
9007 小田急 1,009 1,006 0.27 東証1部 1006000
9008 京王 828 828 0.27 東証1部 828000
2801 キッコマン 2,299 2,288 0.28 東証1部 2288000
7483 ドウシシャ 1,895 1,894 0.29 東証1部 189400
2433 博報堂DY 1,086 1,079 0.3 東証1部 107900
4684 オービック 3,595 3,555 0.3 東証1部 355500
7309 シマノ 11,760 11,670 0.3 東証1部 1167000
8274 東武ストア 290 286 0.3 東証1部 286000
2809 キユーピー 1,900 1,890 0.32 東証1部 189000
6370 栗田工 2,530 2,519 0.32 東証1部 251900
7616 コロワイド 1,347 1,341 0.33 東証1部 134100
8714 池田泉州HD 532 527 0.36 東証1部 52700
1860 戸田建 454 446 0.38 東証1部 446000
4679 田谷 790 778 0.38 東証1部 77800
9437 NTTドコモ 1,880.00 1,844.50 0.39 東証1部 184450
7524 マルシェ 856 854 0.4 東証1部 85400
6465 ホシザキ電機 5,460 5,290 0.41 東証1部 529000
2206 グリコ 1,799 1,746 0.43 東証1部 1746000
4985 アース製薬 4,000 3,995 0.45 東証1部 399500
9543 静ガス 715 707 0.45 東証1部 70700
2378 ルネサンス 954 951 0.47 東証1部 95100
6457 グローリー 3,545 3,475 0.47 東証1部 347500
2301 学情 1,256 1,240 0.48 東証1部 124000
7988 ニフコ 3,505 3,360 0.49 東証1部 336000
4521 科研薬 2,243 2,225 0.51 東証1部 2225000
5334 特殊陶 3,165 3,095 0.51 東証1部 3095000
1833 奥村組 571 569 0.54 東証1部 569000
2269 明治HD 7,490 7,420 0.54 東証1部 742000
9001 東武 545 543 0.54 東証1部 543000
4021 日産化 1,816 1,811 0.55 東証1部 181100
4989 イハラケミ 907 904 0.56 東証1部 90400
2659 サンエー 3,345 3,335 0.6 東証1部 333500
3048 ビックカメラ 880 880 0.6 東証1部 88000
9948 アークス 2,239 2,219 0.6 東証1部 221900
8399 琉球銀 1,532 1,531 0.61 東証1部 153100
1899 福田組 610 596 0.62 東証1部 596000
2772 ゲンキー 4,320 4,315 0.62 東証1部 431500
7599 ガリバー 1,031 997 0.64 東証1部 99700
7956 ピジョン 5,910 5,910 0.64 東証1部 591000
9039 サカイ引越 4,020 4,000 0.65 東証1部 400000
9045 京阪電 452 450 0.66 東証1部 450000
2379 ディップ 4,830 4,710 0.69 東証1部 471000
8196 カスミ 800 798 0.69 東証1部 79800
6914 オプテックス 2,352 2,346 0.72 東証1部 234600
3635 コーテクHD 1,502 1,483 0.73 東証1部 148300
5333 ガイシ 2,459 2,443 0.73 東証1部 2443000
4617 中国塗 786 780 0.76 東証1部 780000
4217 日立化 1,911 1,860 0.8 東証1部 186000
8276 平和堂 1,695 1,680 0.8 東証1部 168000
3593 ホギメデ 5,890 5,860 0.82 東証1部 586000
4088 エアウォータ 1,690 1,681 0.83 東証1部 1681000
6367 ダイキン 7,036 7,028 0.83 東証1部 702800
3405 クラレ 1,355 1,353 0.84 東証1部 135300
4921 ファンケル 1,312 1,287 0.85 東証1部 128700
6796 クラリオン 398 388 0.87 東証1部 388000
7640 トップカルチ 487 487 0.88 東証1部 48700
7968 TASAKI 1,424 1,372 0.93 東証1部 137200
2309 シミックHD 1,948 1,939 0.94 東証1部 193900
8255 アクシアル 1,847 1,844 0.97 東証1部 184400
2899 永谷園 1,055 1,054 1 東証1部 1054000
9759 NSD 1,435 1,428 1 東証1部 142800

 

関連お勧め記事

【スクリーニング】本日年初来高値更新銘柄貸借倍率1倍以下 – 8月12日...   一般的に 信用買い残(貸借倍率が大きくなる)が増えると、将来の売りの要因になる。 ⇒ 株価の下落要因となる可能性 があります。 信用売り残(貸借倍率が小さくなる)が増えると、将来の買いの要因になる。 ⇒ 株価の上昇要因となる可能性 があります。 貸借倍率が1倍以下、または1...
日経225の下落はいつ?What’s the trigger of N225 falli... 先週末、日経平均はリーマン・ショック後の高値を更新し16,321円、ドル円は109.45をつけた。新聞やくだらない解説者はスコットランドがどうとか、アベノミクスがとかいまだに言っているものさえあるが実際は全体的なドル買いのせいだろう。 ドル円相場はすべては8/22のジャクソンホールですべての決...
【スクリーニング】本日年初来高値更新銘柄貸借倍率1倍以下 – 8月8日... 一般的に 信用買い残(貸借倍率が大きくなる)が増えると、将来の売りの要因になる。 ⇒ 株価の下落要因となる可能性 があります。 信用売り残(貸借倍率が小さくなる)が増えると、将来の買いの要因になる。 ⇒ 株価の上昇要因となる可能性 があります。 貸借倍率が1倍以下、または1倍に近い場合は「...
【スクリーニング】本日年初来高値更新銘柄貸借倍率1倍以下 – 8月7日... 一般的に 信用買い残(貸借倍率が大きくなる)が増えると、将来の売りの要因になる。 ⇒ 株価の下落要因となる可能性 があります。 信用売り残(貸借倍率が小さくなる)が増えると、将来の買いの要因になる。 ⇒ 株価の上昇要因となる可能性 があります。 貸借倍率が1倍以下、または1倍に近い場合は「...
【スクリーニング】本日年初来高値更新銘柄貸借倍率1倍以下 – 8月5日... 一般的に 信用買い残(貸借倍率が大きくなる)が増えると、将来の売りの要因になる。 ⇒ 株価の下落要因となる可能性 があります。 信用売り残(貸借倍率が小さくなる)が増えると、将来の買いの要因になる。 ⇒ 株価の上昇要因となる可能性 があります。 貸借倍率が1倍以下、または1倍に近い場合は「...

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA