【新規上場銘柄】サイバーリンクス:BBは24日月曜まで!!

 

始めに基本的な情報を載せています。分析は下の方にあります。

 

 

2014年3月6日に上場するサイバーリンクスIPO情報

[3683] : サイバーリンクス

市場JQS (情報・通信業)

事業内容:基幹業務システム等のクラウドサービス及び移動体通信機器の販売

 

 

 

サイバーリンクスのIPO基本情報(日程関連)

仮条件決定日

2014/02/14 ()

BB期間

開始: 2014/02/18 () ~ 終了: 2014/02/24 ()

公募価格決定

2014/02/25 ()

購入申込期間

開始: 2014/02/26 () ~ 終了: 2014/03/03 ()

上場予定日

2014/03/06 ()

サイバーリンクスのIPO基本情報

公募株式数

総計:250,000
(公募:250,000/ 売出:0株)

O.A.

37,500

想定価格

2,200

吸収金額

632,500,000(想定価格ベース、OA分含む)

仮条件価格

2,200-2,400

公募価格

未決定

 

 

IPOの資金用途

ITクラウド事業(注1)におけるデータセンターの災害対策のためのサーバー増強投資及びソフトウェアとして135,000千円(平成2612月期:34,000千円、平成2712月期:74,000千円、平成2812月期:27,000千円)、及び@rms(注1)次期バージョンの開発に係る設備投資(サーバー増強含む)として265,000千円(平成2612月期:188,000千円、平成2712月期:62,000千円、平成2812月期:15,000千円)、並びに認知度向上のための広告宣伝費として109,000千円(平成2612月期:34,000千円、平成2712月期:37,000千円、平成2812月期:38,000千円)を充当する予定

 

主幹事証券 みずほ証券
  証券会社名 割当数 割当(%) 抽選配分
幹事団と割当 みずほ証券 205,000株 82% 205枚
野村證券 15,000株 6% 14枚
大和証券 10,000株 4% 15枚
SMBC日興証券 10,000株 4% 20枚
いちよし証券 5,000株 2% 8枚
マネックス証券 2,500株 1% 25枚
岡三証券 2,500株 1% 3枚

 

 

銘柄分析

上場が3月上旬で他のIPOと重複していないことや最近の日経平均のレンジ相場、つまり手掛かり難、材料難による資金の受け皿としての銘柄になる可能性が非常に高い。上場日が水曜であれば3連騰の期待も出来たが金曜の午後には売り抜けたい銘柄である。ちなみに金曜日は雇用統計で週明けは相場全体が影響を受けて下落することが唯一のリスクと考える。

また株数の少なさやネット証券の幹事が少ないことが初値を押し上げる要因にもなりそうである。

 

サイバーリンクスの事業はITクラウドサービスとモバイルネットワークサービスの2つが収益のメインとなっており、財務業績ハイライトを見る限りでは安定かつ順調に推移しているように思える。

 

以上のことだけでもブックビルで当選しときたいところだが、セカンダリーも十分狙える銘柄だと想定する。

クラウドサービスというこれからも伸びる可能性のある業種で本社は和歌山県の所在地で、それだけを見ると地方だからと敬遠するかもしれないが、クラウドは何も固定費の高い首都圏である必要はない。

また南海地震が起きたときはそれこそリスクになるが、その防災ネットワーク導入などの実績は他の地域でも受け入れられ易いと考え、地方の企業は地方に受け入れられ易いという日本特有の?感覚も強みになるだろう。納入先が行政というところも好感が持てる(コスト削減迫られずほぼ言い値で卸せるだろうから)

 

なので初値がついて下落し、落ち着いた頃にはセカンダリーとして拾いたい銘柄のひとつ。南海地震が発生しないことを祈りつつ、例えば規模の大きいIPOがあってそちらに資金が向かって下落したときなどはチャンスになると思われる。

 

BB投資スタンスは積極的にA+と考えている。

 

 

 

 

 

 

 

グレイプヴァイン・デキャンタ

グレイプヴァイン・デキャンタ

¥29,800(税込)

ワインのデキャンティングとともにワインの豊かな味わいを香りや味わいの変化を楽しむことができます。また、グレイプヴァイン・デキャンタの優美なフォルムは、葡萄の弦をアールヌーボ調にデザイン天然グリーン大理石をベースにあしらった装飾オブジェとしての輝きと存在感を放ち…

拡大画像を見る

関連お勧め記事

日経225の下落はいつ?What’s the trigger of N225 falli... 先週末、日経平均はリーマン・ショック後の高値を更新し16,321円、ドル円は109.45をつけた。新聞やくだらない解説者はスコットランドがどうとか、アベノミクスがとかいまだに言っているものさえあるが実際は全体的なドル買いのせいだろう。 ドル円相場はすべては8/22のジャクソンホールですべての決...
【海外株】Snapchat、会社評価額が大台の100億ドル企業へ!...   Bloombergによると、写真やメッセージが「自然消滅」するメッセンジャーアプリの開発会社、Snapchat Inc.がAlibaba等を含む投資家との新しい資金調達ラウンドにて、100億ドル(日本円にして約1兆円)の会社評価額を得ている、と述べています。 Bloombe...
【シナリオ考察】もしリクルートが上場したら?...   さて日本列島はおそらく梅雨が明け、土日は日差しの強い天気となりましたが日本のマーケットは相変わらずheavily overcast上値状態です。今回はタイトルにあるとおりリクルート上場までのトレードアイディアを書いていきたいと思います。   リクルートHDの上場...
【スクリーニング】本日年初来高値更新銘柄貸借倍率1倍以下 – 7月28日...   一般的に 信用買い残(貸借倍率が大きくなる)が増えると、将来の売りの要因になる。 ⇒ 株価の下落要因となる可能性 があります。 信用売り残(貸借倍率が小さくなる)が増えると、将来の買いの要因になる。 ⇒ 株価の上昇要因となる可能性 があります。 貸借倍率が1...
【日本株】LINE、2014年第2四半期の業績を発表!売上高は212億円、前四半期比で25%増...   LINE株式会社が、7月31日付で2014年4-6月期の業績を発表しました。それによると、2014年4-6月期(2Q)の売上高は212億円(前四半期比17.5%増)とのことです。 この売上高には、LINE PLUS株式会社・LINE Business Partner...

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA