東京証券取引所でシステムトレードしてみた

 

MMT and Co.の新ロボット君は東京証券取引所(TSE)でがんばっています。新ロボット君の活躍は公式ツイッター(@MMT_Arrowhead)でご覧いただけます。お兄さんの為替トレードのロボット「パッツ」同様、ツイートは基本英語です。まだ愛称も決まっていないので、新ロボット君のきちんとした紹介はまたのちほど。

公式ツイッター(@MMT_Arrowhead)で自慢したいこと

新ロボット君のツイッターアイコンですが、日経225の前日比と連動しています。

  • プラスであれば、アイコンの矢印が上を向いています(↑)
  • マイナスだった場合、アイコンの矢印は下を向いています(↓)

2013年9月11日(水)の日経平均は大引け。前日比88.38円高の14,511.74円。東京オリンピック決定を受けて、月曜日と火曜日と大幅高となった日経平均なので、さすがに調整の動きがあるかと思いましたが、前日NY市場の株高やオバマ大統領の演説で、結果的には3日連続の大幅高。そんななかでも、建設株には売りが目立っていたような。。もちろん本日のツイッター・アイコンの矢印は上を向いています!100円高だったら、矢印の色を赤にできたら、もっと面白いかも。そんなことできるのかな?笑

関連お勧め記事

出口から考える東京オリンピック投資... 2020年夏季オリンピックの開催地が東京に決まり、週明けの9月9日(月)はご祝儀相場となった。建設や観光関連はストップ高が相次ぎ、マーケットは7年後の経済全体の成長を取り込もうと動き始めた。各紙面やネット上ではどの銘柄が上がるか騒がれているが、ここでは2020年の日本の状態から遡り投資を考えてみよう...

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA